視線 好意視線で好意を示すのは、案外簡単です。視線で自分の思いをうまく相手に伝えるためのテクニックについて、お伝えしていきますのでぜひ実践してみてくださいね。

 

3秒見つめてみる

3秒見つめ合うと、相手と気持ちが通じやすくなります。最初はこちらから見つめたとしても、相手と目が合ったら3秒はそのままにしておきましょう。

3秒経ったら、ふっ目をそらすようにすると効果的。相手としては「もしかして脈あり?」と、ドキドキしてしまうのです。男性から目を合わせてきた時にも、3秒だけ見つめ合うようにしてみると、男性としては自分の思いが通じたようで嬉しい気持ちになるもの。

嬉しいと思うと、更に気になる女性を目で追うようになります。相手が目で追っているのを見たら、こちらも3秒ルールとして目を合わせるようにしてみましょう。

 

相手に視線を感じさせる

気になる相手を見たら、出来るだけ相手に視線を感じさせてみましょう。もしかしたら見られている?と思うと、相手のことを意識するのが人間心理。でも相手が鈍感なタイプの場合はなかなか視線を感じてくれないかもしれません。

でもここで諦めずに、相手を見つめるようにしましょう。相手の顔を見るようにすると視線を感じやすくなります。そして、もしこちらを見た時にも気持ちが伝わりやすいのです。

緊張するから…と背中ばかり見ていては、相手に気持ちが伝わりにくくなってしまう可能性も。

 

上目遣いを意識する

男性とのやりとりの時には、上目遣いを意識しましょう。相手としてはドキッとするはずです。小悪魔的な女性を演じることも出来ますので、出来れば話していて上目遣いに慣れそうな時には、さりげなくしてみましょう。

上目遣いが上手に出来る女性は、モテやすいです。でもあまり頻繁にしていると、新鮮さがなくなるので時々使うようにしたいですね。男性にとって女性の魅力を感じる仕草のひとつが、上目遣いで見てくるというもの。

どのようにすればいいのかな…と思った時には、ネットなどで表情を調べてみたり、鏡で自分なりに上目遣いをしてみたりすると、どんどん上手になれるでしょう。

 

まとめ

視線で好意を示すのは、相手の心に自分を印象づけるのにとても効果があります。自分に出来るかな…と不安な気持ちがあるかもしれませんが、試してみると上手くいく可能性は高いですから、気になる相手には視線で思いを伝えるようにしてみましょう。

鈍感な相手でも、気が付きやすいような工夫をしてみると、更に効果があるはずです。