キスの心理キスをする心理について、男の本音が知りたい…と思ったこともあるのではないでしょうか。

何気なくしてくるキスなのか、愛情を込めたキスなのか…。ではキスの心理を通して男の本音を知っていきましょう。

 

キスのテクニックを見せたい

男性の中には、キスに対して自信を持っている人がいます。自分はキスが上手いと思い込んでいるタイプ。でもこういう人に限って、あまり上手くない場合もあるのですが、自分ではそれに気が付かないのです。

自分のキスのテクニックを、女性に誇示したい思いがあるのでしょう。以前にお世辞でキスが上手いねと言われたことがある場合に、勘違いをしてしまい「自分はキスが上手いんだ!」と思ってしまっているのです。

でもテクニックを誇示したキスには、思い入れもあまりないため、女性としては「この人とはもうキスをしたくない」と思ってしまう場合が多いでしょう。

 

キスよりも先に進みたい思いがある

多くの男性は、キスだけではなく先に進みたい思いがあります。でもそれを見せてしまうと、女性に引かれると思い、隠しているのでしょう。女性としては下心を感じるキスなのか、本当に愛情を込めているキスなのかは、分かる場合が多いですよね。

そのため、先に進みたいと思っているような焦った雰囲気のキスをされると、不快になるもの。もし相手が年下男性や女性慣れしていないタイプだと思った場合は、女性としては自分がリードしてあげようと思うかもしれないですね。

 

キスに自信がない

自信がないけれど、好きな女性だからどうしてもキスがしたい!というキスの心理もあります。こういう時のキスは決して上手なものではないかもしれませんが、愛情が込められているものが多いでしょう。

キスに自信がない男性でも、女性が思いを受け入れてくれたら嬉しくてキスが上手になっていく場合も。この人こんなにキスが上手かったかしら…と思うようなら、それは男性の努力や、女性の反応を見る余裕が出てきたからです。

同じ女性と何度もキスをした方が、キスが上手くなる可能性が高いと分かっている男性のキスは、女性にとって温かくて優しくてときめくものが多いですね。

 

まとめ

キスをしている心理としては、様々なものがあります。でも男性の性格がキスに表れることは多いですから、キスをしてみて相手のことが見えてくる場合も。好きな男性からのキスだと思い高揚をしすぎずに、その男性の本音をキスを通して理解出来る女性になれると恋愛が更に楽しいものになるのです。